さあ、SanDeGoをはじめよう!

まずはウォレットが必要


さて、仮想通貨SanDeGoをはじめるためには何が必要でしょうか?
子供の頃を思い出して下さい。そう、初めてお小遣いをもらいはじめた頃のことです。

きっと誰もが貯金箱かお財布が欲しいと思ったはずです。
お金を入れておくための入れ物が必要ですからね。

仮想通貨も同じです。データである仮想通貨を保管しておくための「ウォレット(財布)」というものが必要です。

まずは、この「ウォレット」を用意しましょう。

 

ウォレットにはいくつか種類がある

 

SanDeGoのウォレットには、大きく分けて二つの種類があります。

オンラインウォレット

オンラインウォレットとは、インターネット上で仮想通貨を保管できるタイプのウォレットのことです。自分で保管するのではなく、インターネットを経由してウォレット機能を借りている、と言い換えることもできます。

そんなオンラインウォレットも、更に細かくわけると2種類あります。

仮想通貨取引所
その他の仮想通貨サービス

どちらも簡単に会員登録できるうえ、IDやPasswordでログインをするだけで使えるため、SanDeGoのウォレットを作るなら最も簡単でお手軽な方法です。

実際にある調査では、仮想通貨を持っている人の過半数がこうしたオンラインウォレットで仮想通貨を主に保管しているという結果がでているそうです。

ですが、これは推奨されない方法であることを記憶の隅にとどめておく必要があるでしょう。これらのサービスはあくまで副次的にウォレット機能を提供しているのであって、財産を保管する目的で作られているわけではないからです。

また、理由は後述しますが、オンラインウォレットではPOSの報酬を貰うこともできません。

デスクトップウォレット

デスクトップウォレットは、パソコンにインストールして使用するタイプのウォレットです。あなたの固有情報は物理的にあなたのパソコンの中にだけあり、基本的にはあなたのパソコンからしか使えません。その為、オンラインウォレットと比べてセキュリティに強いといわれています。

SanDeGoでは公式ウォレットがWindows、MacOS、Linux向けに用意されています。そしてこれは大事なことですが、POS報酬を受け取ることができるのはこのデスクトップウォレットでSanDeGoを保管している場合だけです。

どうしてオンラインウォレットではPOS報酬を貰えないのでしょうか。
その理由は仮想通貨の仕組みそのものにあります。

詳しい解説は他のサイトに譲りますが、仮想通貨の基盤技術である「ブロックチェーン」は特定の管理者がいない非中央集権的なシステムです。しかし、取引が発生した時にはその取引に不正がないことを誰かが確認しなければいけません。

では誰がそれを確認し、何を基準に合意とするのでしょうか。

それを決める仕組みが「コンセンサス・アルゴリズム」といいます。
POSはコンセンサス・アルゴリズムのひとつで、通貨の所有量に応じて発言権が付与される仕組みです。この仕組みによって、SanDeGoに参加する大勢のユーザーのデスクトップウォレットが互いに接続しあって取引の正当性を確認しあい、正しい記録をみんなで保管しています。そうした自動的に行われる作業の報酬としてPOS報酬を受け取っているのです。

第三者におカネを預けているだけのオンラインウォレットでは、あなたはこうした作業に参加していません。その為、POS報酬は貰えないのです。

 

それでは、ウォレットを導入しましょう!

 

ウォレットの違いが分かったら、実際にウォレットを導入しましょう。
SanDeGoを楽しむうえで、POSは大変大きな要素です。

ここでは、まずは公式ウォレットを導入することをオススメします。そのうえで、取引も行いたい場合は仮想通貨取引所の登録も実施しましょう。

 

 公式ウォレットを導入しよう

 取引所に口座を開設しよう

 

 


スポンサーリンク