SanDeGoの由来

どうしてSanDeGo(サンデゴー)という名前なの?

SanDeGoは、国内初のBlackCoinをベースとした高利率POS*仮想通貨として開発されました。

リリース当初のPOS利率が、ブロック高が3の倍数の時2000%、それ以外は300%と変則的になっていたことから、Sanは数字の3、Deは助詞の「で」の意味で、「3でGO」つまり、ブロック高が3の倍数の時にPOSの利率が上昇することからSanDeGoと名付けられました。

 

その後の仕様変更でPOS利率は変更となりましたが、いまも「3」という数字はSanDeGoコミュニティーの人々にとって特別な数字であり続けています。

今日も、コミュニティーのどこかで「3」にちなんだ楽しいイベントや雑談が繰り広げられていることでしょう。

*POS : 仮想通貨の保有量に比例して新規発行の仮想通貨が貰える仕組み

 

次は… SanDeGoの基本情報・特徴

 


スポンサーリンク